CHECK

ペットのためにいい葬儀をしたい!ペット葬儀についての基礎知識からペット葬儀者の選び方まで解説

このサイトでは、大切にしてきたペットのためにも最高のお葬式をしてあげたい、このように考える人にペット葬儀についての基礎知識やペットの葬儀業者の選び方まで分かりやすく解説してあります。
ペットのお葬式は人間の葬儀と同じようにするのが良いのだろうか、ペット火葬を行うときには生前元気だったころの写真を用意しておいた方が良いのか色々な疑問がつきものです。
また、火葬後の納骨はどのように行われるのか、それぞれの疑問を解決できるコンテンツを用意しているので参考にされることをおすすめします。

ペットのためにいい葬儀をしたい!ペット葬儀についての基礎知識からペット葬儀者の選び方まで解説

ペットは家族の一員でもあり、死去すると悲しみが募るけれども良いお葬式を執り行いたいと考える人は多いといえます。
ペット火葬は、ペットのお葬式の一つになるけれどもペット火葬はどのような施設で行うものであるのか、それぞれの特徴などを把握しておくとペット葬儀社を選ぶときの指標にもなって来ます。
一般的に、ペット火葬はペット葬儀社が所有している火葬施設だけでなく自治体などが管理運営を行っているペット専用の火葬炉などでも行うことができますし、ペット霊園の中にもペット火葬ができる施設を完備しているところもあります。

ペット火葬を依頼する前にやることは硬直前に体を清めること

イヌやネコ、爬虫類などを飼育されている方は大勢いらっしゃることでしょう。
ペット大国とも呼ばれる日本では、さまざまな動物を飼育して家族同様の存在と見なされる方が大勢います。
しかし動物なので、必ず最期を看取ることになるのも現実です。
昨今では丁重な弔いを実現するペット火葬というものがあり、年間で約200万人以上もの方が利用をされています。
初めてペット火葬を依頼する場合、まずやることは硬直前に身体を清めることです。
イヌやネコなどの哺乳類は息を引き取ったあと、約1時間で硬直ははじまります。
身体が硬くなると尿失禁をするため、その前に濡れたタオルで全身を拭かないといけません。
その後、清潔な箱を用意ししてご遺体を納めます。
あとはペット火葬会社に連絡をして、葬儀・火葬の手続きをおこなうのが基本です。
ペット火葬だと合葬と個別の2種類から選ぶことになりますが、この違いは費用さけでなく、遺骨を手元に置けるか否かにもなります。

ペット火葬の前に安置するなら枕飾りも用意しよう

ペットが他界してしまったとき、お別れの前には全身をきれいにしてあげる、普段使っているブラシやタオルなどきれいなものならば生前使っていた方がペットも安心できるのではないでしょうか。
ペット火葬までには1日以上の期間があるので、その間は自宅で保管する形になるわけですが、ペットが一番安心する場所となったときには自分の匂い残っている場所になるので、サークルの中などを整理して安置すると良いでしょう。
枕飾りはお供え物、ペット火葬までの間は生前ペットが愛用してた器などに大好きだったご飯を入れてあげる、お水なども遺体のすぐわきにお供えしてあげます。
家族全員と一緒に写っている写真などがあれば、それを飾っておくのも良いですしお花飾りや愛用のおもちゃがあるときなど一緒に置くと喜んでくれる、これも一つの供養といえます。
ちなみに、枕飾りをテーブルや小さな台など白色の布を使ってお供えする人もいるのですが、ペットは高さがあるテーブルでの食事は不自然な状態になりがちですから生前食べていたときと同じような環境で要するのがおすすめです。

ペット火葬社には死亡当日の深夜でも相談することができるのか

ペットと一緒に生活している家族は多く、家族同然として大切にしているのが殆どです。
そのため亡くなった際は人と同じように、ペット火葬を行いしっかり供養をしたいと希望する飼い主は多くいます。
実際にペット専門の斎場や霊園なども多くあるので、利用を検討している場合であれば事前にチェックしておく事も大切です。
また実際にペットがいつ亡くなるのか予想するのは難しく、場合によっては早朝や深夜といった時間帯になる場合もあります。
その際にペット火葬の利用も含めて相談などしたい場合、24時間対応の業者であれば利用する事が可能です。
夜中や早朝であっても24時間営業であればいつでも連絡する事ができ、様々な相談や依頼なども含めて対応してもらう事が出来ます。
ただし全ての業者が連絡できるというわけではなく、24時間対応してくれる業者に限られます。
いざペットが亡くなった当日に慌てないためにも、事前にペット霊園やペット火葬の業者をチェックしておくと安心です。

ペット火葬では遺骨を残すことができるのか

ペット火葬を行う会社は各地で数多く運営をしていますが、各社では自社のホームページを用意していることが多いので、自宅から通いやすい場所で納得できるプランや料金表が掲載されていれば安心して利用できます。
ペット火葬の場合は、合同火葬を行うことが多い傾向にありますが、飼い主にとっては家族同様に可愛がってきたペットに対し、遺骨を手元に残したいと考える方も少なくはありません。
この場合は個別火葬のプランを提示している会社に依頼をすることで料金は高くなるものの、希望を叶えることは簡単です。
実際にペット用の骨壺が通販ショップでも販売されているように、遺骨を残したいと考える方が多いことを表しています。
ペットの場合はフォトフレームに写真を入れて骨壺と共にコンパクトな祭壇を作る方法だけではなく、戸建て住宅にお住いの方は敷地内にミニサイズの墓標を立ててその下に骨壺を埋葬する方法も選べます。
合同火葬では無理な条件になるので、個別火葬を間違いなく依頼できるように明確なプランを提示している会社であれば問題はありません。

ペット火葬に関する情報サイト
ペットのためにいい葬儀をしよう

このサイトでは、大切にしてきたペットのためにも最高のお葬式をしてあげたい、このように考える人にペット葬儀についての基礎知識やペットの葬儀業者の選び方まで分かりやすく解説してあります。ペットのお葬式は人間の葬儀と同じようにするのが良いのだろうか、ペット火葬を行うときには生前元気だったころの写真を用意しておいた方が良いのか色々な疑問がつきものです。また、火葬後の納骨はどのように行われるのか、それぞれの疑問を解決できるコンテンツを用意しているので参考にされることをおすすめします。

Search